急いでいる時でもすぐに届ける当日配達サービス

壊れないための対策

作業員

精密機械の輸送状況について

一般の貨物や物流と異なり、精密機械の輸送には、適切な対策と配慮が必要になります。したがって、精密機械を輸送するため専門の輸送業者との相談することが重要です。精密機械には半導体精密機械、医療精密機械、電子精密機械などがありますがほとんどすべてに共通しているのは、湿度、温度、静電気などの対策が必要になることです。そのため、これらの機械類を輸送する際、耐衝撃、対温度、湿度、対静電気に対応する車両の使用が求められます。最近は、エアサスペンションを装備した専用車両や、荷室内に精密機械用の空調設備を搭載し、モニターシステムを運転室に配置することで常時管理が可能にしています。さらに、静電気対策としては、静電気防止対応の梱包資材、養生板、作業服、キャップ、シューズなどの使用が徹底されています。

事前に取り組むべきポイント

このように、精密機械を輸送する専門業者側は、現在、様々な取り組みを進め、安心安全な輸送システムを構築しています。しかし、それでも貴重な機器設備を輸送するには、万全の配慮が求められます。したがって、考えられる可能な対策の注意を促すことが大切です。例えば、低価格を売りにした輸送業者を優先することは必ずしも賢明とは言えません。チャーター便などの利用は、予想よりも高額になることもあります。予め見積りの提出を求め、費用の概算を掴むことが重要です。また、万一を考えて貨物保険に加入することも考慮すべきです。大切な機器類の破損に備えることも必要です。また、コンピュータ関連機器の場合は、予めデータのバックアップを取っておくことも必要です。最後に、搬入、搬出の際には、周辺の養生を含め、必ず立ち会うようにすることが大切です。